住まい

引越し料金の節約テク5つのポイント&一番安い業者の見つけ方

引越し料金の節約ポイントは5つ!

進学・就職・結婚・転勤などの転機につきものなのが「引越し」です。引越しを何十回も経験する人もありますが、人生で5回以内という人が多いのではないでしょうか。

引越しに慣れていない場合は、段取りや準備に戸惑い、節約できるところが分からないままに進めてしまう人も少なくありません。ここでは、引越し料金を少しでも安くするための5つポイントをご紹介します。

①引越し時期がもっとも重要!

進入学・就職・転勤などで引っ越す人が多い繁忙期(3月中旬~4月中旬)は、料金設定が高くなっています。日曜日や祝日、冬季割増適用地域の適用期間も同様です。

引越しの時期を選べず繁忙期と重なるやむお得ない場合は除き、節約したいのであれば閑散期を選びましょう。業者によって違いはあるものの、繁忙期の半額近くの料金が相場となっています。

また、月初め~中旬・平日・仏滅・夕方などを選ぶのもポイントです。必然的に引越しが混み合う時期・時間帯を避けるのが引越し料金を節約するコツだといえます。

②距離が近い方が安い!

引越し料金は、100km以下は時間制、100kmを超えると距離制として運賃が計算されます。移動距離が長いほど運賃が高くなるため、遠方の場合は長距離専門の業者から選ぶなどして節約すると良いでしょう。

③荷物の量はコンパクトに!

引越し荷物の量によって運送トラックの大きさが決まり、大きいほど引越し料金が高くなります。また、運送トラックの台数も料金に影響が。

例えば4tトラック1台と2tトラック2台は大きさは同じでも作業員・交通費が多い2tトラック2台の方が高くなります。

引越しを機に不用品は処分し、新しい家電・家具への買い替えもこの機会に行うのがおすすめです。引越し先に配達してもらうことで大きな荷物をぐっと減らすことができ、引越し料金の節約ができます。

④荷造り・荷解きは自分で!

荷造り~搬入まで全てを業者に頼むこともできますが、その分高くなります。

「急な引越しで時間がない」「家族での引越しで荷物の量が多い」などは業者に頼んだ方が良い場合もありますが、荷造り・荷解きは、自分で行うことで安く上げることができます。

⑤全てを引越し業者に頼らない!

自分で車を出せるのであれば、引越し料金の一番の節約になります。また、引越し先の引き渡しを先に済ませ、少しずつ荷物を運んで大きい荷物だけを業者に頼むという手もあります。

全てを業者に頼らず「自分でできることは自分でする」ことで数万円の差が出てきます。

一番安い引越し業者の見つけ方

引越しが決まってまず決めることは「引越し業者をどこにするか」ですよね。とはいえ、絞り込もうにも大手~地域の業者までその数も多いので、どこに頼めば良いのか分からないという人も多いと思います。

ここでは、一番安い引越し業者を簡単に見つける方法をご紹介します。

無料一括見積もりサイトを利用する

一番安い引越し業者を探すときには、複数の業者を比較する必要があります。しかし、自分で1件1件調べるのは大変ですよね。

そこで、おすすめなのが「無料一括見積もりサイト」です。簡単な項目を入力することで、条件に合った引越し業者を一気に検索することができます。その中からさらに2~3社を選択し、見積もり金額を比較すると良いでしょう。

サイトによっては、必要な業者のみの見積もりを取り寄せることができるなど、不要な営業電話を避けることもできるので安心ですよ。

引越し業者の企業情報を確認する

引越し業者の中には、悪質なところが紛れている恐れもあるので、事前に情報を確認しておくと安心です。CMでも有名な業者の場合は、悪徳業者であることはないと思われますが、口コミなどを参考にしてみるのも良いと思います。

複数業者を比較する

引越し料金を節約するためには、最低でも2~3社、できれば4~6社の見積もりを比較すると良いでしょう。

引越し業者には、それぞれの特徴・得意分野があるので、長距離・単身・家族など、ご自身の引越しの条件に適したところを選ぶとぐっと節約することができます。

業者に値引きを相談してみる

引越し業者が決まったら、プラン・オプション・特典を利用するのはもちろん、引越し業者に率直に値引きを相談してみましょう。

業者に言われるがままに進めるよりも、一声掛けることでさらに安くなる提案をしてくれる可能性もあります。

引越し比較はこちら