日常

【初盆法要】お布施の表書き・香典の相場・服装・手順について

初盆法要の準備について

夏のお盆の時期になると故人の冥福を祈ることは知っているものの、いざ法要となると何をすれば良いのか分からないという方も多いと思います。

ここでは、初盆の意味や初盆法要の準備について分かりやすくご紹介したいと思います。お盆はお寺も繁忙期なので、早めに準備をしておきましょう。

そもそも、初盆って何?

初盆とは、故人の四十九日法要が終わったあとに初めて迎えるお盆を指します。地域によっては「新盆」と呼ぶところも多いようです。

故人が亡くなったあとのお盆に四十九日法要が終わっていない場合は、翌年のお盆に初盆法要を行います。また、場合によっては、四十九日法要後すぐに初盆を迎えることもあります。

初盆は、故人が亡くなって初めての里帰りとなるため、地域や宗派によって異なりますが、精霊棚にその年の作物や精霊馬を供え、初盆用の白提灯を飾るなど、華やかな飾りつけで盛大に盛り上がるのが一般的です。

初盆法要は絶対に必要なの?

初盆を初めて迎える場合、初盆にすべきこと、初盆にするべきではないこと、そもそも初盆法要をする必要があるのか・・・など、初盆法要に関しての知識がないというご家庭は少なくありません。

最近では、少子高齢化や住宅事情から初盆法要を簡素化したり、中には初盆法要をしないケースが増えつつあるようです。

一昔前は、自宅に僧侶を招き、読経のあとに参列者と僧侶が一緒に会食を行うのが一般的でした。その習慣から、法要後に会食を行わない場合は、僧侶に御膳料(5千円~2万円)をお布施にプラスします。

初盆法要のお布施の相場

地域や宗派によって異なりますが、初盆法要のお布施の相場は3万円~5万円です。通常のお盆(相場は1万円)よりも多めに包むのが一般的です。

また、お布施とは別に、御車代として5千円~1万円、僧侶が会食に参加しないときには御膳料として5千円~2万円を包みます。

初盆法要の香典の相場

初盆法要に参列するときには、香典または「御提灯代」を包みます。故人との関係や地域によっても異なりますが、相場は3千円~1万円程度、初盆法要のあとの会食に参加する場合には、それに5千円~1万円をプラスします。

また、お盆の時期は連休であるため、初盆法要に参列できないということもあると思います。その場合は、別日に訪問するか、訪問が難しいときには香典と手紙を郵送しましょう。

初盆法要の服装

初盆法要は、故人の霊をお迎えするお祝いごとのようなものなので、平服であることが多いようです。平服とは、略礼装のことなので、あまりにもカジュアルな服装はNGです。

男性の場合はグレーや紺色のスーツに白いワイシャツ、ネクタイは派手でないものであればOK。

女性の場合は、黒やダークグレーのワンピースまたはスーツ、黒または肌色のストッキング、アクセサリーは控えめであればOKです。子どもは制服、制服がない場合は落ち着いた色の服装にしましょう。

初盆法要の流れ

お盆の時期は地域によって多少異なりますが、全国的には8月13日~16日が一般的です。北海道や沖縄の一部の地域では、旧暦の7月13日~16日に行われているようです。

初盆法要の流れも多少の違いはありますが、ここでは、8月13日~16日に行う場合の手順についてご紹介します。

迎え火

まず、8月13日には迎え火を行います。午前中の間に精霊棚にその年の作物や精霊馬を供え、初盆用の白提灯を飾るなどの準備を済ませ、日中にはお墓掃除とお参りをします。

夕方に玄関先で迎え火を焚き、盆提灯に火を灯してお迎えの準備を整えましょう。最近では、盆提灯に電灯を灯したり、装飾のみにするケースもあります。

お墓参り・法要

8月14日または15日には揃ってお墓参りをし、僧侶を招いた初盆法要を行います。初盆法要のあとには、参列者と僧侶が一緒に会食するのが一般的です。

この期間はロウソクや線香の火を絶やさないようにし、お供え物の食べ物や水も毎日交換しましょう。

送り火

お盆を一緒に過ごした故人の霊を送り出すのが送り火です。8月16日のできるだけ遅い時間に、迎え火を焚いた場所で行います。地域的に有名なのは京都市の五山の送り火、長崎市の精霊流しも送り火の一つです。

初盆準備は